モバイルバッテリーの捨て方は?一般ゴミに捨てる危険性も解説

モバイルバッテリーの捨て方は?一般ゴミに捨てる危険性も解説
目次

モバイルバッテリー 商品一覧

「モバイルバッテリーはどのように捨てたらいいの?」
「モバイルバッテリーって一般家庭ゴミに捨てられるの?」
と疑問を持たれている方もいらっしゃるでしょう。
モバイルバッテリーを、適当な捨て方をしてしまうと危険な場合もあります。

そこで今回は、モバイルバッテリーの安全な捨て方やどこに捨てたら良いかなど詳しく説明します。
モバイルバッテリーの捨て方に迷われている方は、ぜひご覧ください。

また、リーズナブルで持ち歩きやすいモバイルバッテリーをお探しの方は、「モバイルバッテリー 最新情報」をご覧ください。

モバイルバッテリーの安全な捨て方

モバイルバッテリーの安全な捨て方

まず、バッテリーに使われている電池の種類を確認しましょう。

一般家庭ゴミの「燃えないゴミ」には、モバイルバッテリーは捨てられない表記が書かれていることが一般的ですが、中には家庭ゴミで捨てられるものもあります。
しかし、バッテリー内蔵型のモバイルバッテリーは、一般家庭ゴミでは捨てられないと思っておくと良いでしょう。

モバイルバッテリーには、どんな種類の電池があって、一般家庭ゴミで捨てられるものはどれかを、次の見出しで考えます。

モバイルバッテリーの種類

モバイルバッテリーの種類

モバイルバッテリーは、主に以下の3種類あります。

  • リチウムイオン電池
  • 使い捨て乾電池
  • ニッケル水素電池

リチウムイオン電池

最近のモバイルバッテリーの多くは、リチウムイオン電池を使っています。
リチウムイオン電池は、バッテリー内蔵型なので、スリムな見た目になるのが特徴です。

また、コンパクトで持ち歩きやすいだけでなく、ワイヤレス充電対応など機能性豊かなのもリチウムイオン電池のメリット。

しかし、バッテリーが内蔵されているだけに、捨て方には細心の注意が必要になります。

使い捨て乾電池

乾電池式モバイルバッテリー本体のみを「不燃ゴミ」に捨てることができます。

ただし、絶縁する必要があるので、電極部分にセロテープなどを貼って捨てましょう。
乾電池は、自治体の区分に従って捨ててください。


ニッケル水素電池

ニッケル水素電池は、充電式乾電池です。

ニッケル水素電池を使ったモバイルバッテリーは、自己放電率が低く、持ちが良いのが特徴。
充電して繰り返し使えるのでエコなのもメリットになります。

しかし、充電忘れや電池を忘れた場合にモバイルバッテリーを使うことができないので、こまめに確認できる方におすすめです。
捨て方は、使い捨て乾電池と同じように、本体に電気が通らないよう絶縁してから家庭ゴミに捨て、電池は自治体の区分に従って捨てることができます。

モバイルバッテリーはどこに捨てたら良い?

モバイルバッテリーはどこに捨てたら良い?

間違った捨て方をしてしまうと、発火などの事故につながる可能性があります。
リチウムイオン電池を使ったモバイルバッテリーに関しては、通常のゴミのように捨てることはできません。

安全に捨てるにはどこに捨てると良いか、以下の4つの方法を説明します。

  • バッテリー回収ボックスの利用
  • 携帯ショップで回収してもらう
  • リサイクルショップ
  • 粗大ゴミ

バッテリー回収ボックスの利用

モバイルバッテリーを売っている家電量販店などには、バッテリーを無料で回収してくれるボックスを設置していることが多いです。

バッテリー回収ボックスを設置しているお店に持ち込んで、バッテリーを捨てることができます。

携帯ショップで回収してもらう

携帯ショップでも、不要になったモバイルバッテリーを回収してもらえることがあります。

携帯ショップならどこでも回収してもらえるという訳ではないので、事前に持ち込みたい店舗に直接電話確認してみると良いでしょう。

リサイクルショップ

モバイルバッテリーをリサイクルショップに持ち込むのも一つの手です。

もしかすると、リサイクルできるものであればお金に変えてもらうことができます。
不用品であったとしても、不用品回収してくれるリサイクルショップもあるので、自分で捨てる手間を省くことができます。

粗大ゴミ

粗大ゴミ回収は、有料ですが、どんなモバイルバッテリーでも回収してもらえます。
持ち込んだり、回収してくれるかどうかを確認する手間が嫌な方は、粗大ゴミで捨てましょう。

ただし、モバイルバッテリー一つでゴミ回収業者を呼ぶのも気が引けますので、他のゴミと一緒に回収してもらうのが良いでしょう。

モバイルバッテリーを一般家庭ゴミに捨てる危険

モバイルバッテリーを一般家庭ゴミに捨てる危険

モバイルバッテリーを、一般家庭ゴミに捨ててしまった時に、起こりうる危険について考えていきましょう。

主に、内蔵型モバイルバッテリーでの危険性になりますので、注意深くご覧ください。

  • 発火の危険
  • 有害物質の漏洩

発火の危険

モバイルバッテリーを一般家庭ゴミに捨てると、ゴミ収集車内やゴミ処理場で圧縮され、化学反応が起こったり、内部でショートして発火することがあるのです。

このような事故は、実際に何件も報告されていて、大きな損害をもたらしています。
損害だけではなく、人の命にも関わってくることなので、気をつけましょう。

有害物質の漏洩

発火の危険時と同じように、ゴミが圧縮された時に化学反応を起こし、有害物質が漏れ出る可能性も考えられます。

有害物質は、人体にも影響しかねません。
モバイルバッテリーは、ゴミ袋に入るほど小さなものなので、一般家庭ゴミに捨てたくなりますが、適切な処理方法で捨てましょう。

モバイルバッテリーを捨てるタイミング

モバイルバッテリーを捨てるタイミング

モバイルバッテリーをどのタイミングで捨てると良いか悩まれたことはありませんか?

まだまだ使えていると思っているかもしれませんが、もしかするとモバイルバッテリーに限界がきているかもしれません。
捨てるサインを見逃せば、危険が生じる可能性があります。

モバイルバッテリーの捨てるタイミングをしっかりと見極められるよう、以下の3点を確認してみてください。

  • 本体が変形してくる
  • 持てないほどの熱を発する
  • 最大容量が低下している

本体が変形してくる

モバイルバッテリー本体が、膨らんでいたりして、買った時の形と違う形をしていたら危険サインです。
中のバッテリーが膨張しているということなので、放置しておくと液体が漏れ出して有害物質が出てきたり、発火したりする危険性があります。

本体が変形していても、まだ充電ができるからと頑張らずに、新しいものに買い替えて、古いものは正しい方法で捨ててくださいね。

持てないほどの熱を発する

スマホを充電中に、モバイルバッテリーが異常なほど熱を持つ時は、捨てるサインです。

充電中にバッテリーが熱くなることはありますが、手に持てないほどとなると異常といえます。
原因は主に、放電が追いついていないからです。あまりにも熱くなってしまうと、電気が通ってますので、発火の危険につながります。

手に持てないほど熱くなる、買った時よりもかなり熱くなるようになったという異常を見つけた場合は、ただちに使用を中止し、適切に処理しましょう。

最大容量が低下している

モバイルバッテリーを買った時と比べると、スマホへの充電が遅かったり、すぐにバッテリー容量がなくなってしまうということがありますか?

もしかすると、モバイルバッテリーを買い替えるタイミングかもしれません。
モバイルバッテリーの最大容量の低下は、徐々に起こる現象なので、捨てるタイミングを見計らうのが難しいでしょう。

しかし、スマホ1台分すらも充電できない状態であれば、買い替えましょう。

内蔵型モバイルバッテリーのメリット

内蔵型モバイルバッテリーのメリット

内蔵型モバイルバッテリーの捨て方を考えると、「危険性も高いし、捨てるのもめんどくさそう」というイメージをしてしまいがちです。

しかし、内臓型のモバイルバッテリーには、たくさんのメリットがあります。
以下の5つのメリットについて詳しく説明します。

  • コンパクト
  • いつでも使える
  • ワイヤレス充電にも対応していることがある
  • 寿命が来るまで長く使うことができる
  • デザインを選べる

コンパクト

内蔵型モバイルバッテリーは、バッテリーが内蔵されているので、コンパクトな大きさです。
日々持ち歩くことを考えると、軽くて薄い小さなモバイルバッテリーは重宝しますよ。

また、災害時に備える場合においても、コンパクトなのでかさばらないのがメリットとなります。

いつでも使える

乾電池型は、乾電池を忘れてしまうと使うことができませんが、内蔵型モバイルバッテリーは充電しておけば、いつでもどこでも使うことができます。

また、内蔵型はソーラー電池などの機能を取り入れたものもありますので、機能的なものを買えば充電忘れも心配無用!

ワイヤレス充電にも対応していることがある

内蔵型モバイルバッテリーは、ワイヤレス充電に対応していることがあります。
ワイヤレス充電は、充電ポートの負荷を軽減することができるので、おすすめです。

ただし、自分のスマホがワイヤレス充電対応かどうかを必ずご確認くださいね!

寿命が来るまで長く使うことができる

寿命が来るまでの充電サイクルは一般的に500〜1000回です。

スマホのバッテリーが弱っていなければ、外出時に充電しなければいけないシチュエーションというのは、あまりありません。
そのため、内蔵型モバイルバッテリーの寿命がくるまで、長く使い続けることができます。

デザインを選べる

内蔵型モバイルバッテリーは、スタイリッシュに設計されていますので、その分デザイン性が高いものが多いです。

また、デザインを印刷できるのも、フラットな形をしている内蔵型モバイルバッテリーの特徴。
ぜひ、自分好みなデザインのモバイルバッテリーを見つけてみてくださいね。

スタイリッシュでおすすめなモバイルバッテリー3選

モバイルバッテリーは、旅行中、通勤中、通学中などさまざまなシーンで活躍します。
どんな時にも活躍するようなスタイリッシュなモバイルバッテリーがあれば、重宝しますよね。

まず、Ciaraのモバイルバッテリーの特徴を簡単に説明すると、リチウムイオン電池を使った内蔵型モバイルバッテリーです。

充電サイクルは500回で、価格は5,000円ほどでリーズナブル!
厚みは約13mmとスマートな見た目が特徴です。

また、LightningとUSB-Cポートケーブルが内蔵されているので、ケーブルを持ち歩く必要はありません。

では、これからスマートなCiaraのモバイルバッテリーからスタイリッシュなデザインを厳選してご紹介します。

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー マーブル

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー マーブル

スタイリッシュなデザインのモバイルバッテリーをお探しの方は、マーブル柄がおすすめです。

大理石調のデザインで、高級感もあり、できる大人の女性を演出します。
また、ワイヤレス充電対応なので、会社でもワイヤレス充電器として使うこともできるので、持っていて損なしです♪

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー マーブル

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー スウィートハート

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー スウィートハート

小さなハートが散らばったデザインですが、シンプルなので甘くなりすぎません。

カラーバリエーションも豊富なため、自分の持ち物やファッションに合わせて選ぶことができます。
どの色味もくすみカラーになっているので、合わせやすいのも特徴です。

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー スウィートハート

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー ブラックバニー

 ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー ブラックバニー

スタイリッシュでかわいさも求める方におすすめなのが、カラーは「グレー」のブラックバニーです。

小悪魔かわいいデザインですが、色味をモード系にすることで、キリッと引き締まった印象を持たせることができます。

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー ブラックバニー

まとめ

モバイルバッテリーの捨て方は?一般ゴミに捨てる危険性も解説(まとめ)

今回は、モバイルバッテリーの安全な捨て方やどこに捨てたら良いかなど詳しく説明しました。

モバイルバッテリーは通電するアイテムです。
そのため、発火や有害物質の発生など危険が生じうるので、一般ゴミと同じように捨てないよう気をつける必要があります。

安全に捨てるには、通電しないよう断絶し、然るべき場所へ捨てましょう。
然るべき場所というのは、バッテリー回収ボックスや携帯ショップ、リサイクルショップなどです。
持ち込みが大変な方は粗大ゴミの回収を利用することもできるでしょう。

モバイルバッテリーは、捨て方さえ気をつければとても便利なアイテムなので、安全に利用していきましょう。
もっとモバイルバッテリーを探したいという方は、モバイルバッテリー 最新情報をご覧になってみてくださいね♡

執筆者紹介

Ciara(シアラ)編集部

Ciara(シアラ)は株式会社B3が運営するスマホケース/スマホアクセサリー販売を行いながら、iPhoneケース最新情報やiPhoneの使える便利術などを発信する情報メディアです。