モバイルバッテリーで充電ができない原因と対処法

モバイルバッテリーで充電ができない原因と対処法
目次

モバイルバッテリー 商品一覧

毎日使っているモバイルバッテリーが急に充電できなくなってしまったら焦ってしまいますよね。
モバイルバッテリーが充電できなくなってしまった時、どのように対処したら良いでしょうか。

本記事では、モバイルバッテリーが充電できない時の原因と対処法をご紹介します。
故障だと決めつけずに、焦らず対処することで解決する場合もございますので、ぜひ本記事を最後までお読みください。

スマートで持ち歩きに便利なモバイルバッテリーをお探しの方は、「モバイルバッテリー 最新情報」をご覧になってみてくださいね♪

モバイルバッテリーで充電ができない原因

モバイルバッテリーで充電ができない原因

モバイルバッテリーが充電できなくなってしまった原因を探っていきましょう。
主に、以下の6つの原因を取り上げていきます。

  • ケーブルの損傷
  • 端末のセキュリティ
  • 充電ポートの汚れ
  • 非認証ケーブルの使用
  • 本体の過熱
  • バッテリーの劣化

ケーブルの損傷

ケーブルが断線していたり、水に濡れてしまったりなどの損傷を受けた場合に、モバイルバッテリーで充電ができなくなってしまいます。
スマホを触りながら充電することがある方は、主に充電ポート側が断線しやすくなっています。

まずは、ケーブルが断線していたり、傷や水濡れなどがないかを確認しましょう。

充電ポートの汚れ

充電ポートとは、充電器の差し込み口のことです。

端末の充電ポートがホコリなどで汚れていると、充電ができなくなってしまいます。
充電ポートが汚れていないか確認し、定期的に清掃することがおすすめです。

非認証ケーブルの使用

Lightningケーブルを使う端末は、ケーブルをきちんと選ぶ必要があります。

なぜなら、Appleが認証していないケーブルは、端末のアップデートに対応していないケースがあるからです。
非認証ケーブルは安価ですが、最初の頃は使えていてもアップデートを繰り返すうちに「このアクセサリは使用できない可能性があります」という表示が出て、充電できなくなってしまうことがあります。

本体の過熱

モバイルバッテリー本体が熱を持ち過ぎている場合、セーフティー機能がついているモバイルバッテリーは、充電を停止する可能性があります。
なぜなら、あまりにも過熱しすぎると、発火の危険があるからです。

また、端末本体にも、多くの場合セーフティー機能が備わっており、端末が熱くなりすぎると充電ができなくなる可能性もあります。

バッテリーの劣化

モバイルバッテリー自体のバッテリーが劣化していると、充電ができなくなってしまいます。

この場合、充電ができないのに、モバイルバッテリーと端末を繋げておくと故障や発火等の事故に繋がりますので、すぐに使用を中止してください。

モバイルバッテリーで充電ができない時の対処法

 

モバイルバッテリーで充電ができない時の対処法

モバイルバッテリーで充電ができなくなってしまった場合の対処法をご説明します。

  • ケーブルの確認と交換
  • 端末を再起動
  • 端末をアップデート
  • 充電ポートの掃除
  • 本体が冷めるのを待つ
  • モバイルバッテリーの買い替え

ケーブルの確認と交換

現在使っているケーブルが損傷していたり、非認証ケーブルだったりしていないかを確認しましょう。

そして、損傷が見つかったり、非認証だったりした場合は、ケーブルを新しいものに買い替えてください。
主に、純正品以外のLightningケーブルを購入する際に、Apple認証済みかを確認する必要が出てきます。

認証済みケーブルは、パッケージに「Apple認証済み」や「MFi認証済み」と記載されていますよ♪

端末を再起動

端末の不具合によって充電ができない場合もありますので、充電ができないと思ったら、一度端末を再起動してみましょう。

再起動をすると大抵の場合、端末が正常な状態に戻りますので、充電ができないという不具合も解決することがあります。

そのため、再起動して数分経ってから、モバイルバッテリーを使用してみてくださいね。

端末をアップデート

端末がアップデートされていないと、モバイルバッテリーを認証できなくなる可能性があります。

ご自身の端末が、最新アップデート状態になっているかを、確認してみてくださいね。
Android端末・Apple端末のアップデートが必要な場合は、アップデート方法が以下の通りになります。

【Android端末のアップデート方法】

  1. 端末の設定アプリを開く
  2. 「システム」を開き、「システムアップデート」をタップする
  3. アップデートのステータスが表示されたら、画面上に表示される手順に従う

【Apple端末のアップデート方法】

  1. 端末の設定アプリを開く
  2. 「設定」を開き、「ソフトウェアアップデート」をタップする
  3. アップデートのステータスが表示されたら、「今すぐインストール」または「ダウンロードしてインストール」をタップする

充電ポートの掃除

充電ができなくなっている理由として、充電ポートが汚れている場合がありますので、充電ポートを掃除してみましょう。

充電ポートは、糸くずなどが出ない布やブラシで掃除することができます。
掃除道具に不安があるときは、充電ポート専用の道具が販売されていますので、探してみてくださいね。

どの場合も充電ポートの掃除をする際は、端末の電源を切ってから行ってください。

本体が冷めるのを待つ

充電が止まっているときは、一度モバイルバッテリーや端末に触れてみてください。

モバイルバッテリー本体や充電している端末が、手に持つことができなくなるほど熱くなっている場合は、ただちに使用を中止し、熱が冷めるまで待ちましょう。

すぐに冷まそうとして冷蔵庫などに入れて急激に冷やすのはNGです。
中で結露を起こし、水濡れの危険があるため、室温で徐々に冷ませてください。

モバイルバッテリーの買い替え

前述した5つの方法を試しても改善されない場合は、モバイルバッテリーが劣化または故障している可能性があるので、買い換える必要があります。

劣化・故障しているモバイルバッテリーを無理に使い続けてしまうと、発火や化学物質の漏洩などが生じ、事故につながってしまうので、気をつけましょう。

モバイルバッテリーに少しでも異常があれば、買い替えを検討してくださいね。

モバイルバッテリーの捨て方

モバイルバッテリーの捨て方

使えなくなってしまったモバイルバッテリーは、どのように捨てていますか?

家庭ゴミで捨てようとしている方は、危険です。
なぜなら、内蔵されているバッテリーが、ゴミ収集車やゴミ処理場で圧縮されてしまうと、発火や有害物質漏洩の危険があるからです。
それにより、火災や爆発に繋がりかねませんので、正しい処理をする必要があります。

モバイルバッテリーを捨てる時は、特定店舗にある回収ボックスやリサイクルショップなどを利用することができます。

モバイルバッテリーをどのように捨てたら良いか悩まれている方は、「モバイルバッテリーの捨て方は?一般ゴミに捨てる危険性も解説」という記事をご参照ください。

モバイルバッテリーを長持ちさせる方法

モバイルバッテリーを長持ちさせる方法

モバイルバッテリーは、できるだけ長持ちさせたいですよね。では、どのようにすればモバイルバッテリーを長持ちさせられるかを考えていきましょう。

  • 過充電・過放電を避ける
  • 高温を避ける
  • 適切に使用する
  • 大容量のものを使用する

過充電・過放電を避ける

過充電とは、満充電されている状態で充電しっぱなしにしてしまうことで、内部電圧が高まってしまうことです。
反対に、過放電とは、バッテリーが0%の状態でさらに放電状態になってしまうことで、内部に負荷をかけてしまいます。

過充電・過放電はどちらもモバイルバッテリーに負荷をかけてしまい、寿命を早めてしまう原因となってしまいます。
そのため、バッテリーを30%〜80%で保つと良いでしょう。

高温を避ける

高温になる場所は避けるようにしてください。
モバイルバッテリーが高温になることで、劣化を促進させてしまうだけでなく、発火してしまう可能性もあります。

そのため、高温になるような場所を避け、充電中の過熱にも注意しましょう。

ただし、急激な温度変化もモバイルバッテリー本体に負荷をかけてしまいかねません。
高温を避けようとして過度に冷却したり、急激に冷却したりするのはやめましょう。

適切に使用する

モバイルバッテリーの適切な使用を心がけましょう。

例えば、定期的な充電や放電を行うことや、互換性のある機器に使用するなどです。
さらに、傷のないケーブルを使うことや充電ポートを定期的に掃除するなどしてメンテナンスすることも含まれます。

このように、適切に使用するなら、モバイルバッテリーへの負荷を最小限に抑えることができ、長持ちさせることができます。

大容量のものを使用する

バッテリー容量が大きいモバイルバッテリーは、必然と使用できる充電回数も多くなります。

そのため、同じモバイルバッテリーを長く使用したいと思われる方は、バッテリー容量が大きいものを選ぶと良いでしょう。

具体的には、5,000mAh以上の容量のモバイルバッテリーがおすすめです。
5,000mAhだと約500回ほど充電が可能になります。

つまり、5,000mAhのモバイルバッテリーは約500回ほどの充電が適正寿命と言えるでしょう。
もちろん、それよりもさらに容量が大きくなればなるほど、使用できる充電回数が増えますので、寿命が長くなります。

買い替えにおすすめなモバイルバッテリー3選

急に「モバイルバッテリーを買い換えなければ」と思うと、なかなか良いものが見つからなかったりしますよね。

Ciaraのモバイルバッテリーは、大容量なのにリーズナブル!
さらにデザイン性も高いので、おしゃれも楽しめます。

Ciaraの買い替えにおすすめなモバイルバッテリーおすすめ3選をご紹介しますので、最後までご覧ください。

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー ピンクバニー

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー ピンクバニー

ピンクの背景に、ピンクのふわふわバニーちゃんがかわいいデザインのモバイルバッテリーです。

かわいいデザインながら、薄型のスマート設計で持ち歩きに最適!
サイズは、(縦)約136.6mm×(横)約71.1mm×(厚み)13.3mmで、小さめのバッグにもすっぽり収まるサイズです。

ぜひ、かわいいモバイルバッテリーを持ち歩きたい方は、ピンクバニーのモバイルバッテリーをゲットしてみてくださいね♡

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー ピンクバニー

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー パステルハート

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー パステルハート

シンプルながら、小さなパステルハートが存在感を出してくれるキュートなモバイルバッテリー!

すっきりした見た目ですが、バッテリー容量は5,000mAhと大容量です。
5,000mAhは、モバイルバッテリー1回の充電で、スマホを1回半〜2回ほど充電できるほどの容量になります。
そんな大容量でキュートなデザインのCiaraモバイルバッテリーの価格は、4,950円(税込)とリーズナブルです♪

シンプル×キュートなモバイルバッテリーに買い替えたい方は、パステルハートのモバイルバッテリーがおすすめですよ♡

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー パステルハート

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー ブルーバニー

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー ブルーバニー

くすみブルーがクールな印象を与えるおしゃれなデザインのモバイルバッテリーです。
「今までは機能性だけを求めていたけれど、デザイン性の高いモバイルバッテリーに変えたいな」と思われている方にもおすすめ!

また、重量も約160gと軽いので、お出かけ時のマストアイテムになること間違いなしです。
ワイヤレス充電にも対応しているので、部屋や職場でのワイヤレス充電器として使っても◎

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー ブルーバニー

まとめ

モバイルバッテリーで充電ができない原因と対処法(まとめ)

本記事では、モバイルバッテリーが充電できない時の原因と対処法をご紹介しました。

充電ができなくなった時は、まずモバイルバッテリーに、熱がこもっていないかを確認する必要があります。
さらに、端末の不具合である可能性もあるので、端末を再起動またはアップデートしてみると良いでしょう。

さまざまな対処法を試しても、モバイルバッテリーから充電できない場合は、モバイルバッテリーの劣化が原因である可能性があります。
そのときは、モバイルバッテリーの買い替えをする必要があります。

モバイルバッテリーの買い替えに悩まれている方や、なかなか自分に合ったものが見つからないと感じている方は、ぜひCiaraの「モバイルバッテリー 最新情報」からコンパクトでリーズナブルなかわいいモバイルバッテリーをご参考ください♪

執筆者紹介

Ciara(シアラ)編集部

Ciara(シアラ)は株式会社B3が運営するスマホケース/スマホアクセサリー販売を行いながら、iPhoneケース最新情報やiPhoneの使える便利術などを発信する情報メディアです。