モバイルバッテリーは飛行機に持ち込める?持ち込む際の注意点を解説

モバイルバッテリーは飛行機に持ち込める?持ち込む際の注意点を解説
目次

モバイルバッテリー 商品一覧

モバイルバッテリーは、今や旅行時の必須アイテムとなっています。

しかし、
「飛行機を使った旅行の場合持ち込めるのか?」
「飛行機に持ち込む時の条件はあるのだろうか?」
と不安に思われている方もいらっしゃるでしょう。

本記事では、モバイルバッテリーは飛行機に持ち込むことができるかや、持ち込む際の注意点を解説します。
また、飛行機への持ち込みにおすすめなモバイルバッテリーもご紹介しますので、最後までご覧ください。

おしゃれでかわいいモバイルバッテリーをお探しの方は、モバイルバッテリー 最新情報も見てみてくださいね♪

モバイルバッテリーは飛行機に持ち込めるのか?

モバイルバッテリーは飛行機に持ち込めるのか?

モバイルバッテリーは、飛行機への持ち込みは「ある条件を満たせばOK」とされています。
しかし、手荷物として預けることはできません。

なぜなら、モバイルバッテリーに使われている、発熱・発火の可能性があるリチウムイオン電池が「危険物」として扱われるためです。

飛行機へ持ち込む際の条件を、下にまとめたのでご覧ください。

【国内線】

  • 客室に持ち込み可能なモバイルバッテリーは、ワット時定格量が160Wh以下の小型な製品に限定されます。
  • ワット時定格量が100〜160Whである場合、個数制限は2個まで持ち込めます。(100Wh=約27,028mAh、160Wh=約43243mAhです。)
  • リチウム金属電池でリチウム含有量が2g以下(医療用については8g以下)のものが持ち込みOKです。

※多くの場合、国内線(JAL・ANA・ジェットスター等)のルールは、各公式サイトページ等に記載されています。さらに詳しく情報を知りたい方は、航空会社へ直接お問い合わせいただくか、航空会社公式サイト等でご確認ください。

(参照:モバイルバッテリーの持込みにご注意ください!/国土交通省【国内線】リチウム電池を使用した電子機器を機内に持ち込むことはできますか?/スカイマーク

【国際線】

  • リチウムイオンバッテリーは、バッテリーあたり100ワット時(Wh)の定格に制限されています。
  • 航空会社の承認を得て、乗客は最大2つの予備の大型リチウムイオン電池(101〜160Wh)またはリチウム金属電池(2〜8g)を携帯することもできます。
  • リチウム金属(非充電式)電池は、電池1個あたり2gのリチウムに制限されています。
  • リコールされたバッテリーは持ち込みも預け入れもできません。

※各航空会社によっては、100Wh以下のモバイルバッテリーであっても個数制限が課されている場合があります。詳しい情報が知りたい方は、ご利用する航空会社に直接ご確認ください。

(参照:PackSafe - リチウム電池/アメリカ合衆国運輸省輸省

モバイルバッテリーを飛行機に持ち込む時の注意点

モバイルバッテリーを飛行機に持ち込む時の注意点

前章で飛行機への持ち込みルールを確認しましたが、持ち込む際にはどのようなことを注意したら良いかを具体的に考えていきましょう。

  • バッテリー容量に気をつける
  • 個数に気をつける
  • 機内に持ち込む

バッテリー容量に気をつける

国内線に乗るとしても、国際線に乗るとしても、バッテリー容量に制限があります。

基本的に、約27,028mAh以上になると飛行機へ持ち込むための条件があったり、約43243mAh以上になると飛行機への持ち込み自体に制限がかかったりします。

しかし、一般的な持ち歩き用のモバイルバッテリーは、バッテリーが大容量だとしても5,000mAh〜10,000mAhほどでしょう。
災害支援などのために、あまりにも大きなバッテリーを持っていくという場合には、注意する必要があります。

個数に気をつける

バッテリー容量の基準をクリアしたとしても、個数制限がかかる場合があります。

ほとんどの場合、100Wh〜160Whの容量を持つモバイルバッテリーは、最大2つまでなど持っていける個数が限られます。
大容量のモバイルバッテリーを持っていく予定のある方は、個数制限に注意する必要があるでしょう。

とはいえ、100Wh以下のモバイルバッテリーは、個数制限がないことがほとんどです。
モバイルバッテリーをいくつか持っていきたい方は、自分が乗る航空会社へ確認してみて下さいね。

機内に持ち込む

モバイルバッテリーは、「危険物扱い」なので、預け入れ不可です。
そのため、スーツケースに入れたまま、預けてしまわないように気をつけましょう。

もし、スーツケースに入れたまま保安検査を通ってしまうと、検査員からチェックが入ります。
スーツケースをその場で開け、検査に引っかかったと思われるものを取り出すという作業が発生します。

検査に引っかかると、時間ロスになってしまうので、預け入れ用のスーツケースに入れてしまっていないか最終チェックをしておきましょう。

飛行機への持ち込みに最適なモバイルバッテリーの特徴

飛行機への持ち込みに最適なモバイルバッテリーの特徴

飛行機へ持ち込む必要があるモバイルバッテリーは、どのようなものが最適なのでしょうか。
3つの特徴について考えましょう。

  • コンパクトサイズ
  • ちょうど良いバッテリー容量
  • ケーブルが内蔵式

コンパクトサイズ

モバイルバッテリーを飛行機に持ち込むなら、コンパクトサイズが良いでしょう。

持ち込める手荷物のサイズは、一般的に3辺の合計が115cmまでと定められています。
手荷物以外には、身の回り品を1つ持ち込むことができます。
手荷物と身の回り品の2つまでしか持ち込むことができません。

空港で買ったお土産なども手荷物として含められるので、モバイルバッテリーは身の回り品に入れたいところですよね。

そのため、なるべく薄型でコンパクトなサイズのモバイルバッテリーで、カバンの中をすっきりさせるのがおすすめです。

ちょうど良いバッテリー容量

前章から、バッテリー容量について何度も考えてきましたが、「持ち込むのに最適なバッテリー容量ってどれくらいだろう」と思われた方もいらっしゃるでしょう。

バッテリー容量が大きすぎると、飛行機に持ち込むことも預け入れることもできなくなってしまいます。
しかし、小さいと使い勝手が悪いというデメリットがあります。

このようなことを考慮し、5,000mAh〜10,000mAhほどの容量を持っているモバイルバッテリーがおすすめです。
5,000mAhの容量があれば、スマホ1回半〜2回ほどの充電が可能ですし、コンパクトなサイズ感のものもあるので、飛行機を使った旅行には最適と言えます。

ケーブルが内蔵式

モバイルバッテリーの中には、ケーブルを別で用意しなければいけないものもあります。
ケーブルが別だと、ケーブルだけ忘れてしまったり、カバンの中で絡まったりといったトラブルが起きがちです。

しかし、ケーブル内蔵式のモバイルバッテリーであれば、ケーブルはすっきりと収まり、カバンの中もかさばらずに済みます。

そのため、飛行機に乗る際は、ケーブルを本体に収納できるタイプのモバイルバッテリーを選ぶことがおすすめです。

Ciaraのモバイルバッテリーがおすすめな理由

Ciaraのモバイルバッテリーがおすすめな理由

飛行機への持ち込みには、Ciaraのモバイルバッテリーが最適です。
その理由を、詳しく説明していきます。

  • コンパクトで軽い
  • ケーブルが内蔵されている
  • ワイヤレス充電にも対応している
  • おしゃれでかわいい

コンパクトで軽い

Ciaraのモバイルバッテリーは、薄くコンパクトでカバンがかさばらないのが特徴。

大きさは、約136.6mm×約71.1mm×(厚み)約13.3mmです。
重さも約160gと、一部のスマホよりも軽いので、旅行先での持ち歩きの負担も少ないですよ♪

コンパクトサイズなので、持ち込み用の身の回り品に入れても気になりません。
さらに、コンパクトなのに、バッテリー容量は5,000mAhと大容量で、使い勝手バツグン◎

ケーブルが内蔵されている

ケーブル内蔵式なので、ケーブルを忘れたり、絡まったりする心配が不要です。

ケーブルは、下手に収納してしまうと、損傷や断線の可能性があり、丁重に扱わなければいけません。
しかし、ケーブルの収納スペースがついているCiaraのモバイルバッテリーは、ケーブルでカバンがかさばったり、損傷してしまったりすることもなくスマートに扱えます。

また、充電ポートがLightningとUSB-Cの2種類ついていて便利!
家族や友人と行く旅行などの持ち歩きにも、とてもおすすめですよ♪

ワイヤレス充電にも対応している

普段、家ではワイヤレス充電を使っているけど、旅行などでは、荷物を増やしたくないからとケーブル充電で我慢されている方もいらっしゃるでしょう。

Ciaraのモバイルバッテリーを持っていけば、旅行先でも、快適にワイヤレス充電ができます。
もちろん、ケーブルでの充電もできるので、お好きな充電方法を選べますよ♪

おしゃれでかわいい

持ち物がおしゃれで可愛いと、旅行の気分が上がりますよね。
Ciaraでは、おしゃれでかわいいモバイルバッテリーをたくさん取り扱っています。

せっかくの旅行なら、ぜひ小さな小物にまでこだわって楽しんでください♪
そんな空の旅をワンランク上の楽しい旅にするためにも、Ciaraのモバイルバッテリーは最適です♡
次の章で、おすすめのモバイルバッテリーをご紹介しますので、ご覧ください。

飛行機への持ち込みにおすすめのかわいいモバイルバッテリー3選

可愛いモバイルバッテリーを持って飛行機での旅に向けて、さらに楽しいものにしましょう!

どのようなモバイルバッテリーを選べば良いかわからないと悩まれている方は、今回Ciaraがおすすめするかわいいモバイルバッテリーを、ぜひご参考ください。

ワイヤレス充電器 MICKEY&FRIENDS(ミッキー&フレンズ) モバイルバッテリー

ワイヤレス充電器 MICKEY&FRIENDS(ミッキー&フレンズ) モバイルバッテリー

元気カラーで描かれたミッキーフレンズたちがかわいいデザインのモバイルバッテリー!
ミッキーフレンズのモバイルバッテリーを持ち歩けば、飛行機の旅をさらに明るく楽しいものにしてくれるでしょう。

カラーバリエーションは、何でも合わせやすいホワイトと、キュートなピンク、シックなベージュの3色です♡
どの色を選んでも、気分を上げてくれることでしょう。

ワイヤレス充電器/MICKEY&FRIENDS(ミッキー&フレンズ) モバイルバッテリー

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー バニーアンドガール

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー バニーアンドガール

「バニーアンドガール」は、ピンク大好き女子におすすめ!

ピンクギンガムチェックの背景は、フェミニン系ファッションとの相性抜群です。
ギンガムチェックは、爽やかな印象も与えますので、旅行にもピッタリのデザイン。

「かわいい」を忘れない、スマートでコンパクトな見た目のバニーアンドガールのモバイルバッテリーは、Ciaraでしか手に入りませんよ♡

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー バニーアンドガール

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー ブラックバニー

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー ブラックバニー

Ciara人気デザインの「ブラックバニー」が、モバイルバッテリーにも登場!

ブラックに合わせると小悪魔になるカラーのピンクと、シックでモードなグレーの2種類から選ぶことができます。
どちらもおしゃれでかわいいので、見ているだけで気分が上がること間違いなし!
飛行機から見える空とモバイルバッテリーを写真におさめても映えますよ♡

バッテリー容量は、5,000mAhあるので、家族や友人とモバイルバッテリーをシェアしても◎

ワイヤレス充電器 モバイルバッテリー ブラックバニー

まとめ

モバイルバッテリーは飛行機に持ち込める?持ち込む際の注意点を解説(まとめ)

本記事では、モバイルバッテリーは飛行機に持ち込むことができるかや、持ち込む際の注意点を解説しました。

モバイルバッテリーは、飛行機に持ち込む時には、リチウム電池が発熱や発火の危険があるため「危険物扱い」になります。
そのため、手荷物を預け入れることは不可能ですが、条件をクリアすることによって飛行機内への持ち込みが可能です。
その条件とは、バッテリー容量を一定数超えないこと、容量が大きいと持ち込みできる個数制限がかかること、リチウム含有量が一定数を超えないことです。

とはいえ、一般的な持ち歩き用モバイルバッテリーは、飛行機への持ち込み条件をクリアしている場合がほとんどですので、お気に入りのモバイルバッテリーを探しましょう。

今回ご紹介したモバイルバッテリーの他にも、さらにCiaraのおしゃれでかわいいモバイルバッテリーをご覧になりたい方は、モバイルバッテリー 最新情報から見ることができます♪

執筆者紹介

Ciara(シアラ)編集部

Ciara(シアラ)は株式会社B3が運営するスマホケース/スマホアクセサリー販売を行いながら、iPhoneケース最新情報やiPhoneの使える便利術などを発信する情報メディアです。